高まる需要

現在、リサイクルトナーの流通が拡大しています。
既存のカートリッジにトナーだけを入れ替えて使用するリサイクルトナーは、価格が安いことで、印刷コストの軽減を行うことができます。

家庭やオフィスで、トナーを使用した印刷が一般的になりました。
そこで、インクがなくなると、カートリッジが余ります。
当然ゴミとして捨てることになりますが、それを回収して、新しくインクをいれて販売するリサイクルトナー。
その需要が高くなっています。

以前はそれは違法とされていました。
メーカーが販売するものを純正品と呼び、そうではないものは非純正品と呼びます。
現在はリサイクル法に則って、違法ではない製品として販売されていますが、立ち位置的には非純正品になります。

互換性を持たすことで、消費者がそれぞれのトナーを選択することができる時代になりましたが、リサイクルトナーのデメリットもないわけではありません。
保証や重要書類などに関しては、純正品を使用、そうではない時にはリサイクルトナーを使用するといった使い方もできます。

また、印刷そのものの仕上がりでは遜色がないと感じられる方にとっては、リサイクルトナーで十分と思われることも多く、その需要は年々高まっています。
その背景には、トナーそのものが決して安いものではなく、印刷コストの割高感があるとも言われています。

特に大量のインク消費がある会社にとっては、印刷コストの軽減のためのリサイクルトナーの存在はとても大きいものになっています。



[特選サイト]
印刷コストの軽減に役立つリサイクルトナーを販売している通販サイトです →→→ リサイクルトナー 通販サイト

Copyright © 2014 リサイクルトナーの存在 All Rights Reserved.